メルマガの執筆を開始。

今日は2020年5月17日です。出張で博多にいたのですが、その帰路、上空でこのブログを書いています。なぜか上空にいると仕事に馬力がかかってしまうのが外交官時代からの癖です(笑)。

今朝から、6月より配信を開始するメルマガ『原田武夫の実録!ゼロからの起業のすべて』の執筆を始めました。執筆というのは不思議なもので、最初のとっかかりが大変です。しかしそれを越えると自然と、そう「スルスル」と言葉が出てきます。今回もイツモノトオリ、スルスル、サクサクと書いています。

このメルマガは事前に「配信プログラム」を書いてから(珍しく)書いています。執筆といっても普段はこの様に降りてくる言葉とでもいうべきものをそのまま表現するスタイルが私のスタイルです。しかしこのメールマガジンは登録初月こそ無料で配信させて頂きますが、2か月目からは有料で配信させていただきます。当たり前ですが「殴り書き」というわけには行きません。

そこで「ゼロからの起業」をするにあたって、まずはどういった課題にぶちあたり、またそれをどの様に乗り越えるべきなのか。読者の皆さんにとって「気づき」を一つでも得られるようなスタイルにしたいと考えています。そこでまずは「配信プログラム」をご提示することにしたというわけです。この公式ホームページの右上にあるボタンを押してみてください。そこから見ることが出来ます。

実際に書きながら徐々に決めたのですが、それぞれの回は2、3分程度で読める分量としました。1年365日、毎日配信するわけですから、毎回「重たい内容」「読み込まないと分からない内容」だと消化不良になるのではと思ったからです。したがって「こんなの当たり前」と思うことがあるかもしれません。そういう部分は読み飛ばして「それではまた明日、次回」としてしまって良いと思います。

そして毎回、必ず外部リンクを紹介しました。念のため申し上げておくと、私はこれらのリンク先との関係で「アフィリエイト=小遣い稼ぎ」(笑)は一切していません。そうではなくて執筆段階でチェックをし、字数の都合で述べられないが、「もっと知りたい!」と思う読者の皆さんのための参考資料として付けさせて頂きました。外部リンク、飛ぶのは良いですが絶対に本サイトへ戻ってきてください!

毎月大きなテーマがあり、その下でサブ・テーマを設定。それぞれについて7~8回分のメルマガが続いて行きます。とはいえ、流れで書くのに慣れすぎた私のことです。筆が滑って脱線してしまうこともあるかもしれません。「どうかな、これ?」と思った時には是非、このサイトにある「講演・執筆・出演依頼」のボタンを押して頂き、それ経由で皆様のご意見をお寄せ頂ければと思います。「え?主旨が違うボタンでは?」と思うかもしれませんが、そう焦らず。問合せとすると殺到してしまうかもしれませんので、そうしただけのことです。お気軽にお寄せ頂ければと思います。

さて。そろそろ着陸準備に入ったようです。このパソコンも閉じなければなりません。それではまた。次回にてお会いしましょう(このブログでは講義・セミナー形式のメールマガジンとは違い、この様な自然なスタイルで「ゼロからの起業」を目指す皆様に語り掛けさせて頂ければと思います。どうぞよろしくお願いします。)。

原田武夫 記す

271回の閲覧
「原田武夫の実録!ゼロからの起業のすべて」
(毎日配信のメールマガジン)